--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iPod touch第5世代スペック情報、第5世代iPod touch(アイポッド タッチ)性能情報

15:59


iPod touch(アイポッド タッチ)第5世代アルミニウムユニボディデザイン採用

iPhone5と一緒に発売されたiPod touch(アイポッド タッチ)第5世代に対する関心が熱い。

iPod touch(アイポッド タッチ)第5世代がまるでMacBookのようなアルミユニボディデザインを最初に採用したからだ。

アップルは米サンフランシスコYerba Buena CenterでiPhone5をはじめ、iPod新製品を発表した。

iPod touch(アイポッド タッチ)モデルはiPhoneが新たに発売されるたびに当然出てくる一種のマイナーモデルだ。

iPhoneとほぼ同じモデルだが、通話機能だけがない製品からだ。


iPod touch第5世代スペック情報、第5世代iPod touch(アイポッド タッチ)性能情報

iPod touch(アイポッド タッチ)第5世代も4インチサイズの16対9液晶画面とiOS6が基本搭載されて発売される。

iPhone5と違うのは通話機能とアプリケーションプロセッサ(AP)がA6プロセッサではなく、iPhone 4Sに搭載されたA5プロセッサが使われたというどころだ。

同じデュアルコアだが、A6プロセッサの性能が約二倍ほど高い。

しかし、iPod touch(アイポッド タッチ)第5世代がiPhone5より良いことも沢山ある。

まず、iPod touch(アイポッド タッチ)第5世代の裏面は酸化アルミニウム皮膜で処理された完全なユニボディデザインが採用された。

当初、iPhone5がユニボディデザインを採用するとの見通しがあったが、電波透過のような技術的な問題を克服できず一部分だけを包んだデザインで発売された。

一方、無線LANで使用するiPod touch(アイポッド タッチ)第5世代はユニボディデザインと6.1mmという薄さ、88gの軽量で最高のデザインを採用した。

また、iPod touch(アイポッド タッチ)第5世代には”iPod touch(アイポッド タッチ) loop”という新しいアクセサリーが追加された。

iPod touch(アイポッド タッチ) loopは製品背面の下部に生じた輪にストラップをつけることができるようにして持ち運びに便利なように考案された。

iPhone5が通信モジュールとバッテリーの問題により、厚さを減らすことは不可能に見えるが、今後、技術が発展するとiPhone後続作では最終的にユニボディデザインが使われる見込みだ。

素材にはアルミではなく、リキッドメタルが有力だ。

リキッドメタルはアルミを凌駕する高い強度と電波が自由に通過する性質を持っているが、価格が高く、まだ量産化には難しいようだ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。