--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



次世代iPod touch(アイポッド タッチ)が発売される?新しいiPod(アイポッド)が発売される?

16:15


アップルiPhone5(アイフォン5)と次世代iPod(アイポッド)発売?

アップル2年ぶりにiPod touch(アイポッド タッチ)も発売する?


10月次世代iPod(アイポッド)が公開されるという噂が出ている中、海外メディアは明日のiPhone5(アイフォン5)発表イベントで、アップルが新しいiPod(アイポッド)を発表する可能性もあると伝えた。

主要外信は、アップルが12日メディアデー行事でiPhone5(アイフォン5)のほかにiPod touch(アイポッド タッチ)をはじめとするMP3プレーヤーの新製品発表も一緒に進行する可能性が高いと報じた。

今年、次世代iPod(アイポッド)の発売は予告されている状況だ。

次世代iPod touch(アイポッド タッチ)が発売される?新しいiPod(アイポッド)が発売される?

アップルは2010年9月、最後にiPod(アイポッド)のラインナップを大々的に修正した。

昨年、メディアデーではiPod(アイポッド)の価格を調整したこと以外にはこれといった変化はなかった。

アップルはこれまで毎年秋、新しいiPod(アイポッド)を発売してきた。

2年以上iPod(アイポッド)を放置するとアップルの”革新”のイメージに傷つく余地がある。

もちろん、MP3プレーヤーは斜陽産業だ。

スマートフォンが市場の支配権を握って振る。

それでもiPod(アイポッド)が注目される理由はある。

アップルがiPod(アイポッド)で稼ぐ収益はまだかなり大きく、これをどのように運営するかによって、iPhone(アイフォン)とiPad(アイパッド)の収益も変わることがあるからだ。

さらに、iPod(アイポッド)はアップルにとって非常に重要な製品だ。

コンピュータ会社だったアップルをスマートフォン大手企業に成長させた転換点はiPod(アイポッド)だ。

iPod(アイポッド)がなければ、iTunesはもちろん、iPhone(アイフォン)やiPad(アイパッド)も生まれなかった。

 次世代iPod touch(アイポッド タッチ)が発売される?新しいiPod(アイポッド)が発売される?
次世代iPod touch(アイポッド タッチ)の発売も期待される?

199ドルの新しいiPod touch(アイポッド タッチ)が発売される?

今年最も強力な変化が予想されるiPod(アイポッド)は”iPod touch(アイポッド タッチ)”だ。

アマゾンKindle Fire HD(キンドルファイアHD)とGoogleネクサス7など、199ドルの7インチメディアタブレットに対抗する最も強力な製品はiPod touch(アイポッド タッチ)の可能性が大きい。

外信も”199ドルの7インチタブレットがアップルをこの市場に参入させる”と予想してきた。

ところが、すでにアップルは199ドルの製品を持っている。

それはiPod touch(アイポッド タッチ)だ。

iPhone5(アイフォン5)と同様にiPod touch(アイポッド タッチ)の画面サイズが大きくなると勝算があるようだ。

もちろん、iPod touch(アイポッド タッチ)が5インチ以下で発売される場合タブレットを相手とするにはサイズが小さい。

しかし、199ドルのiPod(アイポッド)が安い価格を競争力にアップルiOS生態系の底辺拡大の役割を果たすことができると思われる。

外信は”すでにiPod touch(アイポッド タッチ)がより大きくなったディスプレイを搭載したiPhone5(アイフォン5)の後を継ぐという噂が多い”とし、”ここに今のように199ドルの価格を維持すれば、人々がより簡単にiOS生態系に進入するようにする橋頭堡の役割をする”と評価した。

次世代iPod touch(アイポッド タッチ)が発売される?新しいiPod(アイポッド)が発売される?

iPod nano(アイポッド ナノ)のデザインが変わる?

新しいiPod nano(アイポッド ナノ)が発売される?

iPod nano(アイポッド ナノ)も関心事だ。

アップルは2年前、iPod nano(アイポッド ナノ)のサイズを半分に減らした。

バンドさえ付ければ、時計に見える正方形のデザインだ。

業界ではiPod nano(アイポッド ナノ)が2年ぶりに再び長いデザインに戻る可能性もあると予想している。

iPod nano(アイポッド ナノ)のデザイン変化はiPod touch(アイポッド タッチ)とiPod shuffle(アイポッド シャッフル)の間で独自性を探すための努力として評価される。

それでも、アップルがiPod nano(アイポッド ナノ)で提供する機能は”フィットネス”だ。

ナイキプラスをはじめとするいくつかのアプリはiPod nano(アイポッド ナノ)を使用して自分の体の状態と運動量を確認するようにすることだった。
次世代iPod touch(アイポッド タッチ)が発売される?新しいiPod(アイポッド)が発売される?

9月12日発売されるのはiPhone5(アイフォン5)だけではない?

独自性を最もよく維持する製品はiPod shuffle(アイポッド シャッフル)だ。

49ドルに発売されたiPod shuffle(アイポッド シャッフル)はホイールボタンを採用したデザインを着実に維持している。

iPod shuffle(アイポッド シャッフル)に関する唯一の噂は今年新しい色が追加されるということだ。

負担のない価格のiPod shuffle(アイポッド シャッフル)は、アップルが最も低価格で販売する”プレゼント”の役割を果たしている。

生産しない可能性がある製品は”iPod classic(アイポッド クラシック)”だ。

iPod classic(アイポッド クラシック)は変わる余地がない製品に選ばれる。

大容量で音楽を聴くために最適化された。

そのため、iPod classic(アイポッド クラシック)は音楽ファンの間で人気のある製品の一つだ。

毎年、iPod classic(アイポッド クラシック)が中止されるという噂が流れているが、アップルはiPod classic(アイポッド クラシック)を維持してきた。

今年もその政策は維持される可能性が大きい。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。