--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iPhone 4S(アイフォン4S)中国では販売しない?中国アップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)販売中止?

10:30


iPhone 4S(アイフォン4S)販売中止?

iPhone 4S(アイフォン4S)の発売を巡って北京アップルストアで卵が投擲される事件が発生した。
これに対し、アップルは中国内のアップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)の販売を一斉に停止した。
Associated Pressによると、北京サンリオ屯にあるアップルストアの前には一晩中、数百人を超えるユーザーが並んでiPhone 4S(アイフォン4S)の購入を待っていた。
しかし、現地時間1月13日の朝、アップルが安全上の問題を理由にアップルストアの開店を保留した。

iPhone 4S(アイフォン4S)中国では販売しない?中国アップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)販売中止?

このため、長時間iPhone 4S(アイフォン4S)の購入を待っていたユーザー達はアップルストアに卵を投擲し始めており、警察が投入され、事態を沈静させる事態にまで拡大された。
このような事件に対する措置として、アップルは中国内五つのアップルストアでのiPhone 4S(アイフォン4S)販売中止という決断を下した。

アップルの担当者はロイターとのインタビューを通じて、”大変な混雑のため、顧客や従業員の安全を確保するために、残念ながらサンリートンアップルストアをオープンすることができなかった。
さらに、北京と上海のアップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)の販売はしない”と明らかにした。
アップルのこのような措置について、中国メディアは一斉に懸念を示す記事を掲載した。

iPhone 4S(アイフォン4S)中国では販売しない?中国アップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)販売中止? 
ユーザーの安全のため、アップルはiPhone 4S(アイフォン4S)の販売を中止した?

1月14日、中国の広州日報は”中国本土の消費者を冷静に扱う品薄商法アップル再敢行”という記事を掲載して強力に批判した。
中国では、米国や日本などに比べて3ヶ月も遅れてiPhone 4S(アイフォン4S)の販売が行われた。
中国の五つのアップルストアではiPhone 4S(アイフォン4S)を購入するための長い行列ができるほどの熱烈な反応を引き出した。
しかし、並んだほとんどの顧客は転売を目的とした業者であり、再販売業者間の衝突があちこちで発生して騒ぎを起こした。
この騒ぎが、アップルのiPhone 4S(アイフォン4S)販売中止の事態に至った理由になった。
しかし、アップルの対応について、広州日報は”品薄を利用した商法”と批判している。
iPhone4(アイフォン4)、ipad2(アイパッド2)など、過去の中国で販売されたことがあるアップルの人気商品は数ヶ月にわたり品薄状態が続き、転売市場で高価に販売された。
消費者の好奇心を煽り購買意欲を煽る商法だと批判している。

iPhone 4S(アイフォン4S)中国では販売しない?中国アップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)販売中止?  
チャイナユニコムでは2年間の通信契約を前提としたiPhone 4S(アイフォン4S)を販売?


アップルストアでiPhone 4S(アイフォン4S)の販売が中止されたが、パートナーの携帯電話キャリアであるチャイナユニコムの在庫は豊富だという。
ただしチャイナユニコムで販売されるiPhone 4S(アイフォン4S)は、2年間の通信契約を前提としたSIMカードロックバージョンだ。
広州日報は”品薄を利用した商法”が中国の消費者にマイナスになるだけでなく、サムスン電子やモトローラなど、アップルのライバルにチャンスを与える可能性についても指摘している。
また、業界関係者はこのような反復的な商法について、中国のユーザーが不満を持つとユーザーのほとんどがアップルから離脱する可能性もあると伝えた。





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。