--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iPhone 4S(アイフォン4S)発売初週400万台を販売?iPhone 4S(アイフォン4S)人気の秘密は?

00:00


iPhone 4S(アイフォン4S)人気の秘密はスペック(仕様)?

アップル(Apple)創業者(故)スティーブジョブスの”最後の遺作”となった新型iPhone 4S(アイフォン4S)が400万台の販売を達成できると思われる。
ブルームバーグ通信によると、iPhone 4S(アイフォン4S)は10月15日から米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、英国で発売されている中、市場分析会社ヤンキーグループのCarl HoweアナリストはiPhone 4S(アイフォン4S)が400万台を突破すると予想した。 

iPhone 4S(アイフォン4S)発売初週400万台を販売?iPhone 4S(アイフォン4S)人気の秘密は?

他のアナリストたちもiPhone 4S(アイフォン4S)が200万台から300万台の販売量達成を予測している。
これはiPhone4(アイフォン4)が2010年発売された時、発売初週170万台が売れた記録を超えている。
すでにiPhone 4S(アイフォン4S)は事前予約1日で100万台以上の注文を受けるなど、高空行進を引き続いていてこれが十分に期待できる状況だ。
アップル(Apple)はiPhone(アイフォン)発売を1カ国1通信事業者に維持してきたが、2010年から複数の移動通信社に同時に供給するように方針を変えたのもiPhone 4S(アイフォン4S)販売好調の一つの要因と考えられる。

iPhone 4S(アイフォン4S)発売初週400万台を販売?iPhone 4S(アイフォン4S)人気の秘密は? 
iPhone 4S(アイフォン4S)は400万台を超える?

米国ではAT&T、ベライゾン、スプリントの3大通信社がすべてiPhone 4S(アイフォン4S)を販売しているし、国内でもiPhone 4S(アイフォン4S)はソフトバンク、KDDIで同時に発売されている。
当初、iPhone 4S(アイフォン4S)に対する反応は失望感が多かった。
発売されると予想していたiPhone5(アイフォン5)は発売されず、ハードウェアのデザインがiPhone4(アイフォン4)と変わったことがないiPhone 4S(アイフォン4S)が発売されたからだ。
しかし、新OS”iOS5”が最初に提供され、既存のiPhone4(アイフォン4)に比べて大幅に強化された機能をユーザーが体験し、スティーブジョブズ創業者の死亡で大衆の購買意欲を呼び起こす効果を出した。
iPhone 4S(アイフォン4S)のハードウェアスペック(仕様)もデザインを除けば、デュアルコアA5チップとカメラなど、決して低下のレベルではないという評価だ。
チャーリーウルフNeedham & Coアナリストは、”iPhone 4S(アイフォン4S)はiPhone4(アイフォン4)の販売量を簡単に超えるだろう”と話した。





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。