--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iPhone5(アイフォーン5)発売:「iPhone5(アイフォーン5)クアルコムチップ?、発売が夏? 」

04:30


iPhone5(アイフォーン5)にクアルコムチップが使用されている。また、iPhone5(アイフォーン5)は2011年夏発売され、チップはARMアーキテクチャCortex A9に基づく設計されたことと知られた。
iPhone5(アイフォーン5)
Engadgetは2011年1月14日’名前を明らかにしていない信頼できる情報源’を引用し、Apple(アップル)がiPhone5(アイフォーン5)の既存インフィニオンチップセット代わりにクアルコムチップセットに変えようとする動きを報道した。 
報道はiPhone5(アイフォーン5)は現在Appleの幹部職級の関係者の間でテストされていると伝えた。
これまでApple(アップル)のiPhone5(アイフォーン5)に対しては既存チップ代わりにクアルコムが設計されたGSM / CDMAの両方をサポートするデュアルチップに 供給されるといううわさが出回った。

iPhone5(アイフォーン5)-1  

現在iPhone(アイフォーン)の一種類はAT&TネットワークなどでGSMチップで、もう一つのモデルではVerizonと他の未来移動通信パートナー用CDMAチップで作られている。
報道はこのためApple(アップル)としてはチップセットを両方の方式ネットワーク両方で稼動するように変えることがスマートなことであり、 クアルコムはこれを持っているか、非常に早くこれを変えて与えることになるだろうと伝えた。
報道はVerizonのiPhone4(アイフォーン4)について人々が大騒ぎの中でApple(アップル)が黙っているのは既存インフィニオンA4チップセット代わりにCDMA方式のクアルコム社のチップセットを使用することを指摘しているのだと見た。


iPhone5(アイフォーン5)-2

報道は’しかし、このあらゆる動きはとても新しくデザインされるiPhone5(アイフォーン5)に導いていくようにする’と’消息筋によるとiPhone5(アイフォーン5)は2011年夏に発売するために準備されている中で慎重にApple(アップル)上位階級の人々によってテストのうち’と伝えた。
Engadgetは現在iPhone5(アイフォーン5)の明確な情報を持っているわけではないが、既存の設計立場を完全に変えることであり、 Apple(アップル)の新しいA5 CPU上で機動することになると伝えた。つまり、ARMのCortex A9ベースというのだ。
EngadgetによるとiPhone5(アイフォーン5)はアイパッド2のようにクアルコムチップセットをベースとするCDMA、GSM、UMTS用ベースバンドチップ3つを同時に サポートしている特徴を持つことになるだろう。そして、消息筋の言葉を借りて現在のところLTEは含まれていないのだという。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。