--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iPhone 4S(アイフォン4S)の発売には理由がある?アップルはなぜiPhone 4S(アイフォン4S)を発売したのか?iPhone 4S(アイフォン4S)の狙い?

08:00


iPhone 4S(アイフォン4S)の意味?アップルの戦略?

我々の時間で10月5日午前2時、アップルが”iPhone 4S(アイフォン4S)”を発表した。
しかし、iPhone 4S(アイフォン4S)の発売は期待したiPhone5(アイフォン5)ではなかったので失望したという反応だけで、iPhone 4S(アイフォン4S)の意味とアップルの戦略はぜんぜん考えなかった。
iPhone 4S(アイフォン4S)に隠されているアップルの戦略を見てみよう。

iPhone 4S(アイフォン4S)が発売された本当の理由は?
iPhone 4S(アイフォン4S)の発売には理由がある?アップルはなぜiPhone 4S(アイフォン4S)を発売したのか?iPhone 4S(アイフォン4S)の狙い? 

iPhone 4S(アイフォン4S)を発売したアップルの狙いは?

アップルはiPhone 4S(アイフォン4S)を発表する3か月前に、中国最大の移動通信会社であるチャイナモバイルと手を握った。
これまでアップルは中国の通信市場で2位のチャイナユニコムを通じてiPhone(アイフォン)を供給していた。
アップルが新たに協力することにしたチャイナモバイルは中国で6億人が利用している移動通信企業である。
加入者数2億人余りのChina Unicomに続き、チャイナモバイルと手を握ったアップルは中国でiPhone(アイフォン)の普及を大きく増やす機会をつかんだ。
中国は世界で最も急速に成長している代表的な新興市場である。
しかし、中国はノキアの中低価格製品が携帯電話販売1位を記録するほどローエンド仕様(スペック)のモバイル機器の需要が高い市場でもある。
アップルがiPhone 4S(アイフォン4S)を発表し、既存製品”iPhone4(アイフォン4)”と”iPhone 3GS(アイフォン 3GS)”の価格を下げたのが中国市場で期待される部分だ。
iPhone4(アイフォン4)は99ドル、iPhone 3GS(アイフォン 3GS)は契約ありで無料で購入できるようにした。
アップルのこのような価格競争力は中低価格製品の需要が高い中国市場でアップルがシェアを拡大することができる最大の基礎になるものと予想される。

アップルがiPhone 4S(アイフォン4S)で考えたのは中国だけではない?
iPhone 4S(アイフォン4S)の発売には理由がある?アップルはなぜiPhone 4S(アイフォン4S)を発売したのか?iPhone 4S(アイフォン4S)の狙い?
iPhone 4S(アイフォン4S)でシェアを広げる?

中国だけでなく、アフリカや南米、インドなど、すべての新興市場でアップルの価格政策は競争力を持つと考えられる。
チャイナモバイル以外にもアップルは国内の通信会社KDDIと協力して製品を供給することにした。
米国のスプリントや韓国のSKテレコムなどもアップルが新たに製品の販売契約を結んだ移動通信会社だ。
iPhone 4S(アイフォン4S)をはじめとするアップルのiPhone(アイフォン)シリーズとアイパッド(iPad)は今年年末まで70カ国、100社の通信社を介して供給される見通しだ。
iPhone 4S(アイフォン4S)はアップルが全世界にシェアを広げる製品として役割をすることになる。
iPhone 4S(アイフォン4S)はiPhone4(アイフォン4)の性能を改善した製品で、iPhone4(アイフォン4)ユーザーをはじめとするスマートフォンユーザーではなく、フィーチャーフォンのユーザーにより魅力的な製品だ。
アップルはiPhone 4S(アイフォン4S)でスマートフォンを利用しなかったユーザーを引き込んでシェアの拡大を狙うことが可能になった。

2012年発売されるのがiPhone5(アイフォン5)?
iPhone 4S(アイフォン4S)の発売には理由がある?アップルはなぜiPhone 4S(アイフォン4S)を発売したのか?iPhone 4S(アイフォン4S)の狙い?
iPhone 4S(アイフォン4S)のシリ(Siri)とは何?

iPhone 4S(アイフォン4S)の発売はアップルの製品発売サイクルともあう。
アップルは”iPhone 3G(アイフォン 3G)”を発表した後、2009年”iPhone 3GS(アイフォン 3GS)”を発表し、2010年には”iPhone4(アイフォン4)”を発売した。
製品のデザインまでアップグレードした製品は2年ごとに発表し、1年ごとに既存の製品デザインで性能を改善した改良型製品を発売している格好だ。
特に、今回のiPhone 4S(アイフォン4S)は単にハードウェアの性能を向上させたことにとどまらないようだ。
アップルが2010年に買収した音声認識技術企業の”シリ(Siri)”機能もiPhone 4S(アイフォン4S)に追加した。
音声を文字に変えて検索する機能を超えて人々の言語を分析し、ユーザーの維持に従って命令を実行する機能である。
シリ(Siri)はiPhone 4S(アイフォン4S)のみ利用できる。
シリ(Siri)はカメラの性能を大幅に改善したiPhone 4S(アイフォン4S)の代表的なスペック(仕様)である。
一般的に2年単位の契約期間が終わる既存のiPhone 3GS(アイフォン 3GS)ユーザーの関心をいかに引き付けることができるか期待される。
何よりもアップルの新しい携帯電話のオペレーティングシステム(OS)iOS5が目を引く。
シリ(Siri)とカメラの性能はiPhone 4S(アイフォン4S)でしか使用することが可能だが、iOS5に追加されたアイクラウドやiTunes Match(アイチューンズマッチ)のようなサービスは既存のアップル製品のユーザーでも利用できる。
アップルはiPhone 4S(アイフォン4S)を発表した日、アップルのモバイルオペレーティングシステムiOS5の正式発売日を10月12日だと明らかにした。
アップルの歴史上最も早い販売速度を示しているiPhone 4S(アイフォン4S)、その人気を推測することができる。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。