--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iPhone 6 3㎜厚さのコンセプトデザイン

12:40


Appleの新製品に関する噂が次々と伝えられている。

今回は、イタリアの広告会社セットソリューションとアクセサリーメーカーであるヒューズチキンがそれぞれ厚さ4.5㎜、 3㎜のiPhone 6のコンセプトデザインを発表した。

2014年の1月7日(現地時間) 、英国のデイリーメールインターネット版、マックワールドなどの外信は、アクセサリーメーカーヒューズチキンとイタリアの広告会社セットソリューションが公開したコンセプトデザインを紹介した。


iPhone 6 3㎜厚さのコンセプトデザイン 

デイリーメールのインターネット版とマックワールドから紹介されたイタリアの広告会社セットソリューションのiPhone 6のコンセプトデザインは上部の厚さが1.5㎜、下部は3㎜ 、重さは70gだった。

iPhone 5sが7.6㎜だったことを参考にすると3倍ぐらい薄くなった。

マックワールドはスマートフォンを構成する部品をすべて入れるには無理があると伝えた。

アクセサリーメーカーヒューズチキンが公開したiPhone 6のコンセプトデザインはiPad Airからインスピレーションを受けた製品だった。

4.5㎜の厚さにベゼルを薄くし、画面をより大きく見られるようにしたのが特徴だ。


iPhone 6 3㎜厚さのコンセプトデザイン

タッチIDは下のタッチパネルに内蔵してどの部分をタッチしても動作するようにした。

側面にある音量調節ボタンも静電式タッチボタンに置き換えられた。

一方、海外ITメディアはイタリアの広告会社セットソリューションがこのようなデザインを考案したのは、次期iPhoneの広告を担当したいという意味に解釈している。

ヒューズチキンはクラウドファンディングサービスプロバイダキックスターターで進行されたプロジェクトの資金調達を促進するためこのイメージを公開したと知られた。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。